最適な事務所を選ぶ為に必要な事

握手

貸事務所は独立や起業などを目的に活用されますが、初めての場合は何を基準にして選択したらよいか迷う事でしょう。目的や目標、事業内容によって重要視する事は様々ですが失敗しない為に基本とする事は同じです。費用や契約内容は当然ですが、共通して重要なのは立地の選択です。貸事務所選びでは住宅やお店同様に立地により将来が左右されるケースも多々あります。この立地の選択にはアクセス面とエリアの信用性に視点をあてる事になります。アクセス面は通勤はもちろん、取引先とのやりとりを考慮した場所であるかです。内容によっては来客が多い場合もありますので、その場合は特に利便性についても確認しておく必要があります。エリアの信用性については、特定業種の集まっている場所では販路拡大や業務の効率化が期待できます。取引先を増やす際にも、オフィス街の地名は信用に直結します。

なぜ特定の業種が集まるエリアが良いのか

間取り図

貸事務所を探すという事は、これから事業拡大したり起業したりして成功したい目的があるからでしょう。その為には事務所ならどこでも良いと思わず、将来を見越して探す必要があります。ではなぜ特定の業種が同じ様なエリアに集まり、オフィス街を形成するのでしょうか。エリアの特徴を活かす事が将来の為になるからです。業務の効率化や取引先の確保、販路拡大などに繋がりやすいのがオフィス街の特徴です。そしてオフィス街の地名は一般人にあまり気にされていない方も多いですが、企業にとって地名はブランドや信用になります。そのエリアに会社がある事でその信用度が高まる傾向は、特に日本では非常に根強いからです。以上の理由から、貸事務所探しでは同じように他の企業が事務所をかまえているエリアが人気になります。

利便性の良い地域は注目されやすい

マンションの模型

オフィス街の様な企業が集まるエリアは、総じて交通アクセスの面で非常に利便性が高い傾向にあります。駅から近かったりバスの本数が多い、車でのアクセスのしやすさなど取引先や客が足を運びやすい場所が人気です。反対にこちらから取引先に向かう事もしやすいので、来てもらうも行くも双方メリットがあります。この利便性が高いエリアは、多くの人が利用したり集まったりする場所にもなるので、求人をした場合や広告を出す場合に有利な立地となります。貸事務所を扱っている不動産会社なども、その事を理解しているので駅前など中心に物件を揃えています。賃料は地域によって少し高めにはなりますが、その分リターンも大きいので必要経費として選ばれています。ネットの発展によって取引先と何度も顔を合わす必要もない事業内容もありますが、その場合でも利便性を無視する事は少ないでしょう。通勤の利便性か取引先とのアクセスを優先するかは難しい選択になりますが、どのエリアでも駅から近い事は様々な面で有利です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3